20代おすすめの転職!9割が未経験の業種を希望している!

上の表は20代に聞いた、

「転職するなら異業種にチャレンジしたいかしたくないか」

のグラフです。

なんと!89%が未経験の業種にチャレンジしたいと考えているようです。

未経験の業種に挑戦したい理由は下記のような理由が挙げられました。

「興味のある仕事や新しい仕事にチャレンジしたい」

「もっと給与の高い業界にいきたい」

「専門知識やスキルを身につけたい」

「今の職種にやりがいをみつけられない」

ちなみに30代の「異業種にチャレンジしたい」人は81%でした。

転職するときは未経験の業種を希望する人が多いようです!

20代おすすめの転職!

そもそも未経験から転職はできるの?

転職はこれまでの自分の経験をもとにキャリアアップや、年収や待遇のアップを目指して行うものだと考えている方も多いかもしれません。未経験者にも関わらず、これまでに経験したことのない業界への転職は可能なのでしょうか?

結論から言うと、未経験でも異業種へ転職することは可能です!

未経験者を募集している求人はたくさんあります!

企業が未経験者を募集している理由とは?

多くの転職サイトには「未経験OK」と書いてありますよね。

なぜでしょうか?

これには以下の3つの理由があります。

  • ①    シンプルに人手不足
  • ②    多種多様な業界のスキルを欲している
  • ③    1から教育できる人材が良い

まず1つ目は慢性的な人手不足であることです。

経験者しか不可としてしまうと充分な人材が集まらないことを懸念し、「未経験でも可」とすることでその門戸を広げている背景があります。

そして2つ目は、企業が多種多様な業界のスキルや経験を持った人材を欲していることです。

例えば企画職や営業職の場合、必ずしもその職種の経験がなくとも、他業界で培ったスキルによって、会社に新しい風を吹き込んでくれるのではという期待を込めて、未経験者の採用を行っている場合もあります。

3つ目は、1から教育できる人材の方が自社の理念や方針に沿った社会人として育成しやすく、企業に好まれる場合があるということです。

研修制度がしっかりしている会社であれば、未経験の人材を1から研修で教育するほうが、経験者の前職でのクセを直すよりも効率が良いこともあります。

20代の転職!未経験・異業種からの転職におすすめの職種!

 

営業職

未経験から最も挑戦しやすいのは営業職です。

とくに未経験でも積極的に営業職を採用しているのは、次の業界です。

  • ・製薬メーカー業界
  • ・生命保険業界
  • ・不動産業界
  • ・OA機器販売業界(オフィス機器)
  • ・営業アウトソーシング・営業代行業業界

上記の業界は、市場規模が大きいことや、現在需要が高まっていることもあり、未経験者の採用も積極的に行っている企業がたくさんあります。

営業職は、法人営業や個人営業、Push型やPull型など様々な営業手法がありますが、基本が身につけばどの業界でも活躍できる可能性があります。

特別な資格やスキルが求められないことも多いので、20代の未経験からでも挑戦しやすい職種です。

20代の転職!

市場拡大中のおすすめ業界!

IT・インターネット業界

IT・インターネット業界では、急成長している企業も多く、年間数十人も20代の若手人材を採用している企業もあります。

IT業界といっても、全ての職種において、ITのスキルが求められる仕事ではありません。

営業職や人事、総務、経理、経営企画など、知識は必要ですが、技術面は求められない職種がたくさんあります。

「スピード感のある職場環境で、自分のスキルを磨きたい!」

「忙しくてもいいから、やりがいのある仕事をしたい!」

という方には、IT業界はおすすめです。

建築・不動産業界

建築・不動産業界は、2020年東京オリンピックに向けて、国内全体で需要が高まっています。

土木や建築、電気などの知識が必要なのでは?と思う方もいると思いますが、IT業界同様で、営業職や管理部門など様々な職種があります。

また、オリンピックが終われば成長スピードは多少鈍化するかもしれませんが、一気に激減することはないと思われます。

20代のおすすめの転職!すぐに転職しやすい業界

介護・福祉・医療業界

介護や福祉業界では、人手不足が大きな問題となっています。

少子高齢化に伴って、介護サービスへの需要は高まっている一方で、圧倒的な人手不足から、継続が難しい介護施設がたくさんあります。

薬剤師、看護師、弁護士などは、資格が必要な仕事ですが、介護の資格は業務独占資格ではないため、仕事内容によっては無資格でも働けます

もちろん、資格を取得すれば、仕事の幅は広がりますし、年収を上げることも可能です。

国家資格である介護福祉士の資格を取れば、一生仕事に困ることはないとも言われています。

飲食・サービス業界

飲食やサービス業界も、介護や福祉などと同じで人手不足に悩んでいる企業がたくさんあります。

また、飲食やサービス業は特別なスキルや資格が必要ないことが多く、未経験からでも活躍しやすい傾向にあると言えます。

入社すれば、接客や販売、調理などの仕事を行いますが、基本的に人と接する時間が長くなるので、やりがいを持って仕事ができます。

ブラック企業も多いと言われていますが、ひと昔前と比べて労働環境は大きく改善されています。

土日や祝日も仕事になってしまうことが多いですが、連休取得可能な求人も増えており、すぐに転職したいのであればおすすめの業界です。

20代の転職!キャリアアップ・年収アップにおすすめの職種

20代の平均年収は以下の通りです。

20代前半(20〜24歳):約250万円

20代後半(25〜29歳):約350万円

年齢による差はありますが、業種や企業の規模によって、平均年収は大きく変動します。

そのため、どの職種や業種を選べば年収アップにつながるのかをしっかり理解して、転職活動を進める必要があります。

外資系コンサル

年収の高い会社といえば、外資系企業を思い浮かべる人もたくさんいると思います。

外資系といっても、業種や企業規模、職種は様々あるので、一概には言えない部分もありますが、コンサルタントになれば高収入も期待できます。

しかし、ビジネスレベルの語学スキルや必須という企業も多いので、全員におすすめできる業種ではありません。

比較的ドライな社風で、朝から晩までガッツリ働き高収入を得たい!という方にはおすすめです。

20代の平均年収は620万円です。

MR(製薬会社の営業職)

MRは、製薬会社の営業職や広報担当のことを指し、医薬情報提供者として、医師や薬剤師に商品の品質や効能、安全性を伝える仕事です。

医療現場から薬に対するフィードバックを受けて、会社に伝える評価担当者としての役割も担っています。

民間の製薬会社に勤務することになるので、福利厚生が充実していることはもちろん、営業成績に応じたコミッションが期待できます。

自分の評価に見合うだけの年収を期待するのであれば、ぴったりの仕事と言えます。

20代の平均年収は661万円です。

ベンチャー企業

ベンチャー企業の場合、転職してすぐに年収アップを実現するのは難しいですが、会社の中核メンバーになれば、将来的な大幅な年収アップが期待できます。

事業の拡大に全力を注ぎ、実力が認められると、ストップオプションを得られる立場になります。

事業がうまく成長し続け、株式上場なんてことがあれば、あなたの金融資産が数千万円に跳ね上がる、、なんてこともあるかもしれません。

しかし、福利厚生が未整備だったり、経営状況によっては最初は年収が低い場合もあります。

なので、ハイリスク・ハイリターンな環境であることは、頭に入れておきましょう。

20代の平均年収は382万円です。

失敗しないで希望の業種に転職できる方法

エージェントを活用すれば、失敗の原因を未然に防ぐことが可能です。

自分のこれまでの経験から、とりあえず転職サイトである求人に応募したり、早く転職先を決めるため一番に内定がもらえた会社に入社する人もいますが…

焦って転職活動を進めるのは、危険です!最悪の場合、ブラック企業に入社してしまうこともあるでしょう。

転職エージェントがサポートしてくれること

  1. 1.転職相談にのってくれる
  2. 2.あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 3.履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 4.面接日程を調整してくれる
  5. 5.内定獲得後も給与交渉などをしてくれる

転職活動は、プロと一緒に精神的に余裕を持った状態で進めるのが、成功の鍵です!

転職の相談やお悩みなどがございましたら、お気軽にお問い合わせください!